※詐欺商材を掴まないために

「※詐欺商材を掴まないために」の有益情報をお届け!

学生の情報商材実践記

情報商材のレビュー。アフィリエイトについての情報をまとめています。

※詐欺商材を掴まないために:カテゴリの記事一覧です。

2010年03月20日

【重要】購入ポイント11ヶ条

・セールスレターの長さを確認
セールスレターが短いものは、面倒だから適当に省略してある。こういう可能性大。

・誇大解釈できそうなものはスルー
怪しいです。できるだけ避けましょう。

・「先行者利益」を謳うものは、買うな。
先行者利益=販売者が利益をしゃぶりきった後。それか続かない裏技系。

・ツール系統
ツールはあなたが使うか使わないか。使いこなせるか使いこなせないか。初心者で1円も稼げない方が購入する必要はありません。詳しくは
こちらに(準備中)

・意味不明なものは無視
意味不明だけどひかれる・・・文章の魔力。

・レビューサイトは信頼できるとこ
有益な情報を配信しているところを選びましょう。毎回レビューで有益情報0のサイト、とりあえず特典たくさん置いてるサイトは儲けたいだけのサイトが多いです。
レビューサイトでも詐欺商材を普通にお勧めしております。

・サポートが付いていてもしっかり確認する。
サポートをしっかり使う購入者は実は二割以下。80:20の法則です。サポート謳って販売したいだけだったり。

・時代遅れな顔写真
顔写真神話は昔だけ。信頼できたのは過去のこと。


・値上げを煽ってても考える。
必要なものでなくとも値上げと聞けば、購入したくなるのが私たちの心理。詐欺商材かどうかはわかりません。
本物のノウハウなら煽ることもありません。

・返金保証
購入したいけど不安になったら返金保証の確認を。あるかないかで信頼できるかどうかが違います。

・迷っていたら購入相談。
特商法を確認して、メールアドレスの部分に質問しましょう。良い販売者かどうかが一瞬で見分けれます。


あなたに使えないツールはHDDの肥やしです。
必要ない・利用できない情報は紙クズ同然。


このサイトで紹介してるものであればご相談ください。いつでも相談に応じます。
あなたのやる気、本気度で情報はゴミにも宝石にもなります。
あなたでなければ生かすことはできません。
相談・質問はこちらからお願いします。
タグ:詐欺商材
posted at 13:47
カテゴリー:※詐欺商材を掴まないために
エントリー:【重要】購入ポイント11ヶ条
2010年03月19日

情報商材。購入時の心がけ

前回からの間が空きました。詐欺商材に騙されないために。第二段。

セールスレターを見るとき、トップアフィリエイターさんは詐欺商材のセールスレターにはなんとなく詐欺的な雰囲気が漂っているのがわかるといいます。これは数多くのレターを読んで、実際に購入して経験していけば必ず身に着きます。


ですがそんなに情報商材買ってるわけじゃないし・・・。って方は、その雰囲気を掴むことが中々できません。そこで、詐欺商材の見分け方をいくつかご紹介したいと思います。


・購入者の声なんて信じるな

購入者の声。一番購入者の声って写真つきのもありますし、信用できそうな判断材料の一つですよね?例えばこれ。

「この商材、ありえないくらいの内容が詰まってます!!○○を○○するだけで、ほんとに12万円手に入りました!!」

疑いましょう。相手は詐欺師だから、顔写真なんてどうやっても手に入れれます。しかも、購入者の声は偽造されたかどうかなんてこちらにはわからないですし、販売者が金払って購入者の声を作ってる可能性もあります。
ちなみに、この文章だと"ありえないくらいの内容"が"○○を○○するだけ"です(笑)
どうみても、おかしいですよね〜。


返金保証の有無

迷った時はこれ。返金保証がなければ買わないでください。
情報商材の販売って、内容の性質上、返金をする方はすくないです。
逆にいえば、返金保証を付けてるのであれば、その商材に自信があるという証拠。もちろん返金保証を名ばかりでつけてる人もいますが。まあ返金保証が付いてたらリスクは軽減できますよね。

返金保証を確認する上で、注意していただきたいことがあります。が、今回は割合。次回に書かせていただきます。


特定商取引法に関する記述を確認する

当たり前のことですが、重要です。書いてないものは論外。大抵はセールスページの一番下に書いてあります。
それで、携帯電話の番号を特商法の電話番号に記載してある例。あまり販売者としての自覚がないということなので、購入するのは見送ったほうがいいと思います。


こんなものかな?とにかく返金保証があるかないか一番大切です。返金額はいくらなのか、申請してから何日で返金してもらえるのか。また保証条件。すべて確認してください。
ないものは詐欺というわけではないですが、不安要素があるのなら購入は控えるべきです。あ、次で返金保証について書くつもりだったのにまとめちゃった。


■編集後記
クエスト大王の、
詐欺商材情報と、アフィリエイト情報
で紹介されていました(照)

うん。嬉しいけど、まだまだコンテンツがないって・・・。いや、喜んどきます。
ちなみに、無料相談になってくれますよ〜。これ言ったら怒られそう(笑)




それと、脳内アップデートについて。

サポートのほうは無事連絡が取れたので、また追加レビューします。
それまでに質問あれば、送っていただけたら嬉しいな☆
タグ:詐欺商材
2010年03月03日

騙される人

詐欺商材の見分け方コラム始めます。
今回は・・・詐欺商材に会う人達をピックアップしてみます。


まず、糞情報か素晴らしい情報かというのは商材とは買ってみないと中身はわかりません。
ただ・・・検討(見当?)をつけることは大体できます。

では、詐欺商材を掴む人とは一体どんな人でしょうか。

・セールスレターを鵜呑みにしてしまう。
はい、セールスレターなんて完全に信じたらいけません。
疑いの目を持ってレターを読みましょう。実践者の声なんてねつ造できますよ〜

・衝動買い
相手は詐欺のプロ?です。
衝動買いさせるためならば、時間制限で購入させようとするなんてよくあること(もちろん普通の良い商材も時間制限が混入されてるのですが・・・)。

・奇抜なノウハウを発見したと書いてある。
良くて、一時的に儲けれるものです。それか著者がもう完全に雑巾を絞り切った後で儲けれないと判断したから、そのノウハウを提供・・・。
良く考えてください。魔法が今の我々に使えません。魔法のノウハウなんて普通はありません。



・番外編・・・詐欺だとわかっていて購入する。
はい、やめましょう^−^



ほかにもいろいろあると思いますが、今回はこの辺で。
次回は騙されない情報商材の買い方をやっていきます。
posted at 12:41
Comment(0)
カテゴリー:※詐欺商材を掴まないために
エントリー:騙される人
Copyright ©学生の情報商材実践記 All Rights Reserved.特定商取引に基づく表記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。